--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.23 超ピンチ
28日一緒に行くはずだった友達がCXLに。
友達少ないとこういうとき頭真っ白になるね…。でもしょうがない!きっとなんとかなるなる!
ということでちょっとモモ×ココについて考えて頭を活性化してみたよ。
最初冗談だったのに途中から真面目に考えだしてしまった。
モモーイのことだから苦手な人は開かないで下さい。
ほんとに酷いうえに下ネタなので腐耐性ある方以外は見ないようお願いします。ギャグです。
第801話『教育実習生がやってきた!』

サンクルミエールがくえんにきょういくじっしゅう生の先生がやってきたの。びっくりなことに、なんとその人はももいきょうすけだったの。
けんぎょうみたいだけど、手品しはもぐりだからもんだいないんだって。
きょうすけはのぞみたちのクラスをうけもつことになったの。
きょうすけはほけんたいいくの先生。赤いかわのジャージーがトレードマークでせいとに大にんき。
ある日きょうすけは、そうだんがあると言ってコージをよびだしたの。
『教育実習…教育も生徒と実際におこなってみてこその教育…そうは思いませんか?小々田先生』
『ええ、賛成です。生徒には実際体験させて、その体験と知識を合わせて深めさせるのが一番良い方法だと思いますね』
『ほう…やはり先生は教育者として相応しい方だ。私の目標ですよ小々田先生は』
『えっ?!いやっその…ありがとうございます…(赤面するコージ)僕もまだ全然自信ないですから。あはは。
精一杯一緒に頑張っていきましょう!僕がももい先生をフォローします!大丈夫、この学園の子達は良い子ばかりですから。』
『先生…』そのとききょうすけはせつなげに目をふせたの。
『しかし僕は困っているのですよ先生…。』
『えっ?なにをですか?』
『実は私…保健体育の教育者ともあろうものが、その…同性の他人の…その…を見たことがないんです』
『え!?銭湯とかトイレとか、子供のとき友達のを見たりしなかったんですか?』
『いやお恥ずかしい。特殊な環境で育ってきたもので…また潔癖な性格も災いしましてね…おかしいですか?』
『い、いや恥ずかしいこともおかしいなんてこともないですよ!』
『ありがとうございます…!それで先生、相談なんですが…私、自分のは一般的だと思ってはいるんですが自信がなくて…
小々田先生のを見せていただいて、その…比べさせてはいただけませんか?』
『ええっ?!』
『…駄目…ですよね、すみません。忘れて下さいこんな相談…はは』
『(ももい先生は教育者として勉強熱心に頑張っているんだ…さっき僕はフォローすると宣言したばかりじゃないか…!
先生の先輩としてここは彼に出来ることはしてあげないと…!)』
『わ…分かりました…』
『ありがとうございます小々田先生…!さすが先生は優し(くてちょろ)い…』

酷いのでストップ!すみまっせ~ん。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。